スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城端秋日和2012イベントレポート(休憩所、展示編)

休憩所、展示担当Granaです。

城端秋日和2012では、昨年に引き続き城端庁舎3階にて
休憩所、展示、サイン会などの企画を
行わせていただきました。
両日とも多くの方にご来場いただき、
大きなトラブルも無く、
また多くの関係者の方にご協力いただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。

DSC_5534s.jpg

5月の城端曳山祭に合わせて開催した
「城端春日和2012」では、きよべ呉服店様内に
休憩所を設けさせていただきました。
和室ということもあり、ご来場いただいた方と
非常に濃密な?交流ができましたが、
今回は大きな会場というこで、
より様々な方と広く交流いただけたのではないかと思います。 祭一日目は好天とはいきませんでしたが、
夕方に少し雨が降った以外はお天気が崩れることなく、
お祭りも賑わいをみせ、
また休憩所にも多くの方にご来場いただきました。

 会場内では
「城端むぎや祭Photo Guide」
「森沢晴行先生イラスト特別展」
「城端線の115年とこれから」
と題し展示企画を行いましたが、
いかがだったでしょうか。

「城端むぎや祭Photo Guide」は
昨年行った「黎明期のお祭り」の写真や歴史に関する
紹介と相補的に「近年のお祭り」に関する内容としました。
お祭りの見所から、現在城端むぎや祭が抱えている
問題点まで広く言及しましたが、
最も好評いただいたのはお子さんの写真でした。
パネルを写真におさめる方や、
「知り合いの子供なので、パネルをいただけないか?」という
お問い合わせをいただいたり。
やはり小さい子の魅力には敵わないことを実感しました。

パネル写真①_DSC3178s


「森沢晴行先生イラスト特別展」は、
9月16日(日)にトークショーおよびサイン会を
開催させていただいた森沢先生が
これまで描かれたイラストについて、
各出版社様のご協力も頂き、作品別に展示いたしました。
会場に入るなり一直線にこちらのコーナーに向かい
写真を撮られる方も多く、
お楽しみいただけたのではないかと思います。

「城端線の115年とこれから」は、
城端線Nゲージ企画
「城端駅物語~すばらしき鉄道模型の世界」に
合わせた展示内容で、城端線の歴史や沿線各駅を
写真を交えて紹介しました。
鉄道大好きなメンバーが構成したこともあり、
鉄道に疎い私は「へー」という感じで、感心しきりでした。
私のような方にも、鉄道がお好きな方にも
満足いただける内容になっていたのではないかと思います。
Nゲージは富山工専鉄道部の方々によるもので、
疎い私が見ても素晴しいものでした。
当日は運転体験も行われ、カメラカーからの映像も合わせて、
老若男女問わず沢山の方に興味を持っていただけました。
富山工専鉄道部は非常に精力的に活動されており
、各所でNゲージ展示などされています。
今回興味を持っていただけましたら、
今後とも彼らの活動にご注目下さい。

「支援ページ」
http://www.popondetta.com/kizou4.htm


パネル写真③_DSC3181s

DSC_5547s.jpg


二日目は朝から茹だるような暑さ…
前日は城端別院善徳寺様に宿泊したのですが、
そこから城端庁舎までの道のりで汗だくになってしまうほどでした。

そんな天気のおかげもあってか、
お祭りも前日以上に盛況だったようです。
そして休憩所も涼を求めて休憩される方で賑わいました。
「空調がある休憩所があるのは助かる」
というお言葉をいただいたときは嬉しかったですね。

この日は富山出身のイラストレーター、
森沢晴行先生のトークイベントやサイン会など
イベントが盛りだくさんでした。
詳細は担当者のレポートを参照いただきたいのですが、
個人的には会場のレイアウト変更の段取りや
場内アナウンスの内容で頭を悩ませたり...
そんな甲斐あって?イベントは盛況の内に
終了することができたのではないかと思います。

実はサイン会中に、一日を通して
城端の街のいたる所で開催されていた
「ゲリラむぎや」を城端庁舎3階で実施したいと
申し出いただいたのですが、先生と参加者の方との
会話の妨げになるかと思い、
断腸の思いでお断りさせていただきました。
いつか機会があれば休憩所内で行われる
「むぎや踊り」を見てみたいですね。

イベント終了後はいくぶんゆったりとした気持ちで
閉場時間となる20時まで過ごしました。

会場内では2日間通して、
城端曳山祭にて発売させていただいた
情報誌「南砺のあるきかた」~城端特集~を
販売させていただきましたが、
多くの方に手にとっていただきましたこと
今一度この場で感謝申し上げます。
この一冊が皆様の城端を思う気持ちの一助になれば幸いです。

DSC_5519s.jpg

イベント中はもちろんイベント後も、
多くの方に様々なご意見をいただきました。
全てを次に繋げ、次回、また次回と
より良いものにしていければと思います。

最後に運営スタッフならびに
協力いただいた方々に今一度お礼申し上げます。
ありがとうございました。

それではまた次のイベントでお会いしましょう。

DSC_5543s.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ttjohana

Author:ttjohana
2010年12月4日に開催予定の「真実の涙をもう一度~true tearsイベントin城端」について、関連情報を紹介していきます。
よろしくお願いいたします。

公式サイトは下記になります。
http://ttjohana.web.fc2.com/

「真実の涙をもう一度」有志会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。