スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城端春日和2012 イベントレポート(販売所編)

情報誌販売スペースを担当したtankです。
伝統ある「城端曳山祭」の場をお借りして開催するイベントも、
今年で2年目を迎えました。
城端のみなさんのご好意あってのことです。
この場を借りて改めてお礼を申し上げます。

さて、私は5/4・5/5の両日、このイベントで発売開始となった、
当会発行の情報誌「南砺のあるきかた」~城端特集~を
ずーっと売っておりました。
トイレと食事とツイッターつぶやく時以外はずーっと(笑)
実は別会場を使って休憩スペースも設けていましたが、
ほとんど顔を出せずじまい。
お越し頂いたみなさん、無礼をお許しください。
あたたかい励ましの言葉と、差し入れなどを
たくさん頂いたと副代表から聞いております。
本当にありがとうございます。

写真(3)
半纏だけでは寒いくらいでした。5月の城端はまだまだ寒い

5/4はあいにくの雨模様。お昼すぎに販売を開始したのですが、
ほどなく黒雲たちこめる空から、無情の雨粒が落ちてきました。
それでも足下の悪い中、傘を差して情報誌を買い求めに
来て頂ける方がたくさんおられ励まされました。
こちらも大事な商品を雨で濡らしてしまわないよう、
いろんな防水グッズを駆使。
一番役に立ったのは、某大型同人誌即売会でよくみる
B5サイズのクリアパックでした。これさえあれば無敵です(笑)

クリアパック
たくさん用意すると結構なお値段に(苦笑)

夕方にかけて本格的な雨になってしまい、
曳山会館前で行われるはずだった
庵唄合同披露は中止に。
翌日の曳山巡行が無事行われるか心配しましたが、
その心配を吹き飛ばすような、雲一つない晴天!

写真(4)
前日の冷たい雨がウソのようです

城端の大通りはすごく日当たりがいいところなので、
販売開始の午前10時から
早くもスタッフの手が真っ黒に日焼けしはじめました(笑)
天気が良いからか、午前中からたくさんの方に
お買い求め頂きました。

2012-05-05-07.jpg
お待ち頂いた皆さん申し訳ありませんでした

お昼前には、昨年につづき
「庵唄所望」を受けさせて頂きました。
時間にして30分ほどでしたが、しばし庵唄の生演奏が流れる
ぜいたくな時間を過ごすことができました。
普段生活しているとなかなか足を踏み入れることのない、
得がたい体験ができますよ。これも伝統ある祭ならではですね。
まだ聞いたことのない方、ぜひ来年城端曳山祭へお越しください。

2012-05-05-09.jpg
至福の時間です。晴れてよかった

予定していた時間を少しオーバーしましたが、
夕方には私たちも店じまい。
お借りした会場を片付けたあと
(田村萬盛堂様、きよべ呉服店様、ありがとうございました!)、
大勢の観光客の皆さんと一緒に、
城端曳山祭のハイライトを鑑賞。
城端庁舎前での曳山Uターンは今年初めて観ましたが、
提灯をぶら下げた絢爛豪華な曳山が、
曳き手のみなさんの息の合った連係プレーで回る様子は圧巻です。
ぜひ一度生で観ることをおすすめします。

写真(6)
この日は「スーパームーン」と呼ばれる月が大きな日でした

すべて終わったあと、自宅に戻り、
副代表と二人でささやかな祝杯をあげました。
これから地元城端での委託販売、
城端むぎや祭での販売と続いていきますが、
情報誌を手に取られたことをきっかけに、
城端のことをもっと知りたい、もっと行ってみたい、
と思う方が増えてくれることを祈りたいです。
それこそがこの情報誌を発行した一番の目的ですので。

写真(7)
富山名物、白エビ&どじょうの唐揚げで乾杯!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ttjohana

Author:ttjohana
2010年12月4日に開催予定の「真実の涙をもう一度~true tearsイベントin城端」について、関連情報を紹介していきます。
よろしくお願いいたします。

公式サイトは下記になります。
http://ttjohana.web.fc2.com/

「真実の涙をもう一度」有志会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。