スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城端曳山祭が楽しみです

みなさんずいぶんとご無沙汰してしまいました。
有志会代表のtankです。

本日無事、

『城端曳山祭+true tears
=城端からまごころを』


を告知させていただきました。
あ~けっこうギリギリになってしまいましたね。
GWの予定を立てていたみなさんごめんなさい!
でも今絶賛放映中の「あの作品」で話題沸騰中の、
「あの温泉」や「あの駅」(笑)への遠征計画を
立てておられる方も多いはず。
城端からは、クルマがある方ならあわせて回ることも可能ですよ。
ぜひぜひ城端へも足をお運びくださいませ!
くわしい情報は公式サイト http://ttjohana.web.fc2.com/ で
随時発表していきますのでお楽しみに。

私たちがイベントを開催させていただけることになった
「城端曳山祭」は、
毎年美しい桜並木を見せてくれる、
神明通りにある「城端神明宮」の祭礼として行われ、
国の重要無形民俗文化財にも指定されている、
伝統と格式のある祭。
5/4に宵祭、5/5に本祭が行われ、
城端はお祭り一色に染め上げられるんです。
私は昨年と一昨年の祭を見物させていただきましたが、
勇壮な曳山の車輪の音と、
情緒豊かな庵唄が響く城端の街が、
いつにもまして華やいでみえたことを、
今でも鮮明に覚えています。
そんな祭でイベントを開催できること自体、
身に余る光栄なんですが、
実はもっと驚くようなお話しをいただきました。

2011-04-24-01.jpg


城端曳山祭では、祭を運営されている6町それぞれが
「曳山」と「庵屋台」
いうものを持っておられます。
曳山は「true tears」本編にも登場したので、
みなさんよくご存じでしょう。
でも庵屋台って?と思われる方も多いのでは。
町内の若連中のみなさんが中に入って、
江戸端唄の流れをくむ「庵唄」を奏でられます。
城端独特の文化として、
地元の方はとてもとても大切にされています。
その庵唄を、ご祝儀を出して
自らの家などで奏でてもらうことを
「庵唄所望」といい、
大変名誉あること。

そして今年、何とその「庵唄所望」を
有志会のスペース前で
行っていただけることになりました!


くわしい時間などは決まり次第お知らせしますが、
有志会一同身の引き締まる思いです。
お取り次ぎいただいた方、ギリギリにもかかわらず
快く応じていただいた地元のみなさん、
本当にありがとうございました。

2011-04-24-02.jpg


※庵唄所望は地元のみなさんが
大切に守られてきた文化で、
観光用の見世物ではありません。
所望時はスペースのまわりに集まって騒いだり、
通行の妨げになるような行為は固くお断りします。
静かに、情緒あふれる庵唄に
耳を傾けていただければと思います。

(記:tank)
スポンサーサイト
プロフィール

ttjohana

Author:ttjohana
2010年12月4日に開催予定の「真実の涙をもう一度~true tearsイベントin城端」について、関連情報を紹介していきます。
よろしくお願いいたします。

公式サイトは下記になります。
http://ttjohana.web.fc2.com/

「真実の涙をもう一度」有志会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。